本文へ移動

ご相談からサービスの開始まで

ケアプラン作成(居宅介護支援)ご利用までの流れ

  1. お問い合わせ
    介護について知りたいことがある方、お困りのことがある方、まずはお近くの居宅支援事業所までお問い合わせください。
    お電話、または直接お越しいただき、ケアマネジャーにご相談ください。

  2. 介護保険認定申請書の提出(要介護認定を受けていない方)
    介護保険を利用するには、要介護認定の申請が必要になります。 市区町村の介護保険課窓口に書類提出が必要ですが、ケアマネジャーが、ご本人様・ご家族様に代行して申請いたします。

  3. 要介護認定の決定
    主治医の意見書の提出や訪問調査の結果、市区町村に設置される介護認定審査会で要介護認定につき判定され、要介護度が決定されます。

  4. ケアプランの作成
    ご本人様・ご家族様の困っていることや、ご要望などをお聞きし、相談しながらケアプランを作成いたします。生活スタイルに合ったサービスをどれくらい利用し、どのような生活になるのかイメージできるように、わかりやすくご説明します。その際、利用するサービス事業者などについては、ご本人様・ご家族様と話し合って選択いたします。
    ※入院中などの場合は医師や看護師から医療情報なども伺い、体調も考慮しプランに反映いたします。

  5. 介護サービスの調整
    ご本人様・ご家族様とサービス事業者の担当者や主治医との会議(サービス担当者会議)などで、サービス内容などを話し合い、お一人おひとりの状態に最適な受け入れ態勢を整えます。

  6. 介護保険サービスの利用開始
    介護サービスを行う提供事業者と契約を結び、ケアプランに基づいてサービスを利用します。原則として費用の1割~2割が利用者負担となります。

こんな方にオススメです

専門家に介護の相談がしたい
介護が必要な方、そのご家族からの相談を介護の専門家がお受けします。

介護サービスを利用したい
介護サービスを受けるために必要な、要介護・要支援認定の申請支援を行います。

自立した生活を送りたい
自立した日常生活を送るための介護計画をケアマネジャーが作成します。
居宅支援事業 清瀬ケアプランセンター
ご相談・お問い合わせ TEL:042-491-2528(平日9:00~17:00)